ルベーグ積分・測度論の演習書(中国語)

日本語で測度論の勉強をした際、最も良かったのが吉田伸生先生の「ルベーグ積分入門・使うための理論と演習」である。こちらは最初に天下り的にルベーグ外測度が与えられるようなタイプではなく、抽象的な測度空間や積分から定義されるので、私個人としては理解しやすかったと思う。

しかし日本語では、ルベーグ積分の演習書が少ないので、中国で売られているルベーグ積分の演習書を紹介したい。ただしいずれも抽象的な測度空間についての問題を扱ったものは少なかったと思う。(ほとんどルベーグ測度しか登場しなかったかな?)

  • 实变函数习题精选精解 张天德 (山东科技)
  • 实变函数解题指南 周民强 (北京大学) → こちらは实变函数论 周民强とセットで買うことをおすすめ
  • 实变函数习题精选  徐森林 (清华大学)
  • 实分析习题集 朱来义、黄志勇(译)

特に上の2冊は洋書のMeasure and Integral (Wheeden and Zygmund)の影響を受けているように感じた。

なお余談だが中国語の百度で検索すればpdfが落ちているものもあるかもしれないが、自己責任で利用してほしい。

もし他にもルベーグ積分・測度論の演習書があれば追加していく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください