台湾大学を卒業しました(修士)

だいぶ時間が経ちましたが、今年2019年の7月末に無事台湾大学から卒業しました。ですが来年また数学研究所の博士課程に入るかもしれません。現在はリサーチアシスタントとして台北市内の某研究機関でのんびりと過ごしています。

卒業式

応用数学研究所の代表に選ばれたので、卒業式当日は、台に上がって校長先生から卒業証書と書かれた空っぽの筒を受け取る役をさせてもらいました。また午後からは学科別の卒業式もあり、数学科棟でも卒業式が行われました。

学校を卒業して働き出すと人間は金銭以外では繋がることが難しい中、学校や大学という場所はわざわざ私たちの門出を祝福してくれるという愛に溢れた、人間社会に残された最後のオアシスではないかと思いましたw

統計学の研究会

卒業式の翌日、新竹の清華大学で修士の学生向けの修士論文研究の研究会がありました。ポスター発表の形式で、審査員の先生が来た時に、口頭で自分の研究を5分程度で紹介しました。研究会の閉会式では、嬉しいことに自分の研究発表が表彰され賞状を頂きました。

またその関係で、同月末に台中の中興大学で行われた別の研究会で200〜300人の聴衆を前に3分間で研究紹介をする機会を与えられました。発表はとても緊張しましたがよい機会を与えてくださったことに感謝しています。

修論の口頭試問

7月下旬に修論の口頭試問が行われました。指導教官以外に、学内および学外から計3名の教授が私の修論の発表の審査に来てくれました。数学科棟の一室を借りて、そこでスライドを使って30分〜40分ほどで修論の成果について発表し、その後先生からの質問に答えるというものでした。(ちなみに修論のテーマは畳み込みニューラルネットワーク内における射影による次元圧縮手法です)厳しい質問がされて頑張って、ディフェンスするというというものでもなかったので、終始和やかな雰囲気の中で終わったと思います。

ちなみに修論は英語で書きました。基本的に数学研究所(応用数学を含む)の人たちはほぼ全員英語で修論を書いているようです。ただし口頭試問のディスカッションなどは中国語で行いました。

卒業証書の受け取り

口頭試問が終わってからは、修論の手直しをしてから、台大総合図書館のサーバーに修論のPDFをアップロードしたり、フォーマットの審査を受けたりして、その後、無事審査が終われば印刷屋にいって修論を印刷して図書館に納品するという感じでした。PDFに透かしを入れたり、識別番号を入れたり、パスワードかけたり色々面倒だったので、直前になって慌てないようにしたいですね。

あとは大学から出るために数学科の研究室を整理したり、鍵や棚を返したり、卒業式の時に着る服を返したりと卒業のための手続きをし、最後に卒業証書を受け取りました。 ついでに3年間の戦績を印刷してきましたw

最後に振り返り

  • 台湾に来た一年目は授業の負担の量や、自分のキャパシティが把握出来ていなかったので少し無理をしすぎて精神的に辛かったです。また私は数学科出身ではないので、解析の授業でハンディキャップを埋めるのがしんどかったです。
  • 台大生活にも慣れ、コツコツと自分なりに勉強を続けたおかげで、二年目からは解析もわりとできるようになりました。また先生から試験の出来を褒められることも増えました。また親しい人も増えてきてよく一緒にディスカッションしたり、また他の人に勉強を教えてあげたりするようになりました。
  • 三年目はようやく単位も揃い、全科目A+の成績で揃えることが出来ました。またよい指導教官の先生に恵まれ修論なども、大きなストレスを抱えることなく仕上げることが出来ました。
  • もし海外へ大学院留学を迷ってる人がいたら、経済的に許される限り、とりあえずこればいいじゃないかと思います。私の体験を一般化することは出来ませんが、はじめは自分に何か知識や能力がかけていても、きちんと時間をかけて、自分に足りないものを戦略的に補っていけば最後には大きく成長できると思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください