台湾大学応用数学研究所(数理統計)に合格した話

2017年8月8日に少し更新 はじめに 2016年2月20日、21日(民国105年)に台湾の国立台湾大学の大学院の修士課程の入試を受けてきました。私は今回2つの学科を受験したのですが、初日は「台湾大学・応用数学科学研究科・数理統計学専攻」を受験し、2日目は「統計修士学位学程」を受験しました。 3月16日に合格発表があり、応用数学研究科は正取一(首席)で合格しており、統計修士学位学程は、備三(補欠3位なので実質不合格みたいなもんです)でした。(まあ首席といっても合計39名だけでしたが。合格者は私を含めて2名だったので、合格率は約5%ぐらいでした) 台湾の大学院受験・留学を考えている人の参考になるかどうかは分かりませんが、このことについて書きます。 台湾で大学院を目指すようになったきっかけ 私は京都大学工学部情報学科と情報学研究科という所で、人工知能の研究室に所属しており、修士課程まで修了しました。当時、自分の研究にはあまり興味を持てず、あまりちゃんと勉強できなかったという思いがありました。卒業してから、しばらくして、統計学に興味を持ち、機会があれば海外の大学院で統計学の学位を取得したいなあと思うようになりました。台湾自体は元々、修士一年のときに、1年弱中国語の勉強をするために、滞在していて、なかなかよかったので、また戻ってきたいという思いはありました。 そこで台湾の最高峰の台湾大学で統計学を勉強出来る所を探した所、「応用数学科学研究所」と「統計学位学程」で統計学が勉強できることが分かり、そこを目指すことにしたわけです。 受験の申込みの話 まず日本人の場合(私も日本人ですが・・)、私と同じように台湾人の学生と勝負しなくても、外国人の身分を利用した特別な受験方法があったはずですので、そういう方法を検討してもよいかもしれませんが、私はそれについては把握してないので各自でお調べ下さい。(参考URL)... Read More | Share it now!